キヤノンファインテック株式会社 CANON FINETECH INC.

本社開発センター
〒341-8527
埼玉県三郷市中央1丁目14番地1

茨城工場
〒303-8503
茨城県常総市坂手町5540-11

福井事業所
〒910-3137
福井県福井市石橋町第29号73番地3

主な国内関係会社

ニスカ株式会社 ニスカ株式会社ウェブサイト
主な製品

  • ケーブルIDプリンター
  • プレート&シートプリンター
  • IDカードプリンター
  • DCモーター

製品と技術

OPC(有機光導電体)原材料

キヤノンファインテックの化成品事業はキヤノングループの中で、有機合成・精製をプラントスケールで行える唯一の存在です。

OPC(有機光導電体)

■OPCとは


生産プラント

OPC(Organic Photo Conductors)とは、複合機やレーザープリンターの感光ドラムに用いられる有機光導電体であり、キヤノンの電子写真の根幹技術です。
キヤノンファインテックが世界有数の有機合成・精製技術を培ったのが、OPC原材料の量産化です。1970年代に世界に先駆けてOPC原材料の実用化実験に着手し、1980年代には年間数百キログラムから生産をスタート。現在は年間生産量全世界No.1のシェアを誇っています。すべての複合機やレーザープリンターに最適化された感光体として、世界で高い評価を受けています。


■キヤノンファインテックのOPC原材料

キヤノンファインテックのOPC原材料は「圧倒的な低コスト、安定した高品質」を特長としており、キヤノンの製品の競争力に大きく貢献しています。 現在はさらなるOPC事業拡大を目指し、より高画質、長寿命を目指した新しいOPC原材料の開発に取り組んでいます。


このページの上部へ